2020年11月28日

『伊香立のご長寿さん』~民児協だより第11号より~取材(下在地・民生児童委員)

坂田甚右衛門さん(大正11年11月 2日 生98歳)(下在地町)英さん(昭和 2年12月11日 生93歳)
暖かな11月22日『いい夫婦の日』に取材に伺いました。

甚右衛門さんは、16歳から2代続く家業の大工仕事をお父さんに付いて励まれ、3代目を継承されました。
その間には、兵隊として、八日市にあった陸軍飛行場へ2年と10日いかれたと話してくださいました。
英さんは、嫁がれてから家事や田畑の仕事の傍ら、ご主人の仕事の手伝いもしてこられたようです。
「せんど、おじいさんの手伝いはした・・・」と懐かしそうに、少々のご苦労話も。

今は、息子さんから毎朝手渡される「天声人語」の拡大コピー
を、ノートに書き写すことを日課に。丁寧に綺麗な文字が並ぶノートは既に10冊を超えているのには驚きました。

甚右衛門さんの好物はお肉と蛸。お達者の源!今したいことは?「もっと、仕事がしたいなあー」との意欲のことばには敬服しました。
お二人とも「仏さんを毎日一生懸命に拝む」といわれる信心の深さもお元気の元かと。
英さんが取材の終わりに、「もう、世話になるばっかり!この若い二人に感謝状を」と息子さんご夫妻に謝意を表されました。
英さんのこの言葉と甚右衛門さんの穏やかな様子からご家族の大きな「支えと温かさ」があってこその「ご長寿」だと納得することができました。

《追記》
『下在地町』には、坂田さん「ご夫婦」の他に「ご夫婦」とも90歳越える方が、2組ご健在です。
12月現在、【100歳】を超えるご長寿の方が「伊香立学区内」では,4名おられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です